NURO光が持つ今後の課題

NURO光の利用者の少なさは、NURO光のサービスの対象となる地域の少なさに由来しています。利用者うんぬん以前に、利用できる者がそもそも限られているということです。NURO光のような回線事業は、顧客の求めがあったとしても、何もない所にサービスを提供できるわけではなく、発信を行っている基地から離れた場所の通信には対応できないという難点があります。
NURO光が提供されるのは、東京や神奈川、埼玉に千葉や群馬や栃木といった関東にある数県のみで、その他のエリアにおいては基本的にはNURO光を使用することはできません。業界でも屈指の速さを誇る、10ギガの特別光回線だと、さらに対象地域は狭くなります。
NURO光の口コミが他の回線と比べて少数なのは、使用している世帯が限られているからであり、NURO光のシステム自体にはなんら問題があるというわけではありません。今後対象の範囲が広まり、多くの人がNURO光を使用するようになれば、NURO光は他の注目回線にも負けない、業界を背負うサービスになることでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です