フレッツ光からドコモ光への移行は可能

フレッツ光とドコモ光は、共にNTTの光回線を利用したサービスであるため、フレッツ光からドコモ光への移行に関しては、他サービスよりスムーズに行えるという利点があります。通常契約中の光回線の割引サービスが機能している段階で、別の回線に移ろうとすると、解約金というペナルティのようなものが発生してしまうのですが、フレッツ光とドコモ光の関係の上ではそれは生じません。サービス継続中にも、ドコモ光への移行は速やかに行えます。
ただしプロバイダに関しては、二つの関係性の外に存在するものなので、解約金が求められる可能性もあります。プロバイダの方との契約も見直しつつの行動が、重要だと言えるでしょう。フレッツ光とドコモ光のプロバイダのほとんどは共通しているので、あえて同じプロバイダを選択するという手もあります。
契約中のサービスによっては、回線工事の必要がないこともあり、その場合さらに移行手続きは速やかに行えるものとなります。フレッツ光を使用中で、ドコモ光にも興味があるという場合には、切り替えについて真剣に考えてみるのもいいでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です