NURO光の通信速度下り最大2Gbpsは、どうやって実現しているの?

NURO光の通信速度は、下り最大2Gbpsということが売りとなっているようです。実際に測定した数値がホームページには出ていて、当然ながらそこまでの速度は出ていません。しかし、それはどこも同じでしょう。とは言え実際の速度でも、NURO光はとても速いように思います。動画をダウンロードしたり、ストリーミング再生しても、あのスピードならまったく問題ないのかもしれませんね。
では、NURO光はどのような技術であの速度を実現しているのか気になるところです。NURO光ホームページの「下り最大2Gbpsのテクノロジー」というページがありました。国際標準規格であるGPONの採用と、NURO 光用に開発されたホームゲートウェイを組み合わせたことでそのスピードを実現しているのだそうです。世界標準の技術ならNURO光だけでなく他の会社も使えばいいのに、どうして使わないのだろうと思います。ヨーロッパなどを中心に普及しているテクノロジーなのだそう。他の会社は、アメリカで普及している技術を使用しているということなのでしょうかね。

NURO光評判

カテゴリー: 未分類 | コメントする

コミコミの料金が安くて高速なNURO光が人気なんです

光回線を提供している会社は本当に増えてまいりましたが、どこもこぞってキャッシュバックキャンペーンを行っているかと思います、しかしその条件をみたすためには各種のオプション契約など面倒なことが多かったりして、あんまりキャッシバックの恩恵を感じられないなんてことが往々にしてあるかと思うんです。
でもNURO光はその辺のオプション契約なんて面倒な作業をしなくても、ネットに光電話の契約だけで5万円のキャッシュバックと、とてもわかり易くて良いと人気になっているんです。光電話は要らないって方でも42000円のキャッシュバックとなりますから、かなりオトクなキャッシュバックキャンペーンではないかと思います。
それにカスペルスキーのセキュリティもしっかりと含まれていますから、ウィルス対策もバッチリで安心してネットを楽しめるかと思います。無線LANも当然セットに含まれており、全てコミコミで4000円台というのはリーズナブルとしか言い様がないと思います。
今最もホットな回線と言ったらNURO光を置いて他にないと思います。

NURO光キャンペーン

カテゴリー: 未分類 | コメントする

キャッシングは思ったよりも怖くなかった

今まではキャッシングといえば借金をすることだから良くないものだし、なんとなく怖いものというイメージがすごく強かったんです。
消費者金融でお金を借りても怖そうな人が取り立てに来る、利息をぼったくられるというイメージがありました。
だけどどうしても利用せざるを得ないような状況になったことがありました。

友達の結婚ラッシュが来てお祝儀がかさみ、生活費も使いすぎてしまっていたため明らかにお金が足りなくなってしまいました。
そんな時にどうしようどうしようと思っていた時に、クレジットカードのキャッシング機能を思い出したんです。

審査があるのかな、どうやって契約するのかなと思っていたのですが、クレジットカードを契約した時にキャッシング機能が付帯していて申し込みをしていたようで、手続きとかをすることなくお金をすぐに借りることができました。
もちろん借りたお金は次の給料日にすぐに返したのですが、こんな簡単にお金が借りられるのにびっくりですし、これからも使いたいと感じました。

お金を借りる教習所

カテゴリー: 未分類 | コメントする

窓口と無人機

キャッシング初心者なので
すんなり審査が通り、キャッシングの
ATMで借りることが出来ました。

もう一社は、自動契約機でしました。
無人なので、他の人からの
プライバシーは守られます。

しかし、防犯カメラがあるので
お店からは、丸見えなので
そこには抵抗をかんじました。

女性が声で対応してくれました。

審査を待つ時間が少し長かったかな
と今になって思いました。

それでも、審査にパスして
キャッシングをすることが出来ました

今は、返し終わったので
キャッシングはしていません

最近、キャッシングの店舗が
少なくなったのは気のせいかな?と
思います。

まあ、キャッシングしないに
限りますね。

というわけで借り方体験記でした。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

銀行の教育ローンについて

子供が思いのほか、驚くほど教育費がかかる中学から大学までの一貫の私立にそれも長女も次女も通うことになり、当初の教育費のプランが崩れてしまったので、急遽銀行の教育ローンを借りることにしました。
もちろん、住宅ローンもなく、車のローンもなかったことが唯一の救いでした。
さて、実際に教育ローンを借りてみて思うこと。実際に教育費は4月に年間一括、または半期ごとに支払いという学校によって支払い方に違いがあります。しかし、教育ローンを使えば、なんといっても毎月利子込みの返済で済むというところがメリットです。というよりも私立も毎月の支払であれば、何とか支払えるのですがそうなっていないところが難しいところ。結局、銀行の教育ローンのありがたさを感じている次第です。
もちろん、別で貯金をしながら、というプランはなかなかとれるものでもなく、このまま次女の大学卒業までこのままお世話にならないと教育費の捻出は難しそうです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

NURO光が持つ今後の課題

NURO光の利用者の少なさは、NURO光のサービスの対象となる地域の少なさに由来しています。利用者うんぬん以前に、利用できる者がそもそも限られているということです。NURO光のような回線事業は、顧客の求めがあったとしても、何もない所にサービスを提供できるわけではなく、発信を行っている基地から離れた場所の通信には対応できないという難点があります。
NURO光が提供されるのは、東京や神奈川、埼玉に千葉や群馬や栃木といった関東にある数県のみで、その他のエリアにおいては基本的にはNURO光を使用することはできません。業界でも屈指の速さを誇る、10ギガの特別光回線だと、さらに対象地域は狭くなります。
NURO光の口コミが他の回線と比べて少数なのは、使用している世帯が限られているからであり、NURO光のシステム自体にはなんら問題があるというわけではありません。今後対象の範囲が広まり、多くの人がNURO光を使用するようになれば、NURO光は他の注目回線にも負けない、業界を背負うサービスになることでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

フレッツ光からドコモ光への移行は可能

フレッツ光とドコモ光は、共にNTTの光回線を利用したサービスであるため、フレッツ光からドコモ光への移行に関しては、他サービスよりスムーズに行えるという利点があります。通常契約中の光回線の割引サービスが機能している段階で、別の回線に移ろうとすると、解約金というペナルティのようなものが発生してしまうのですが、フレッツ光とドコモ光の関係の上ではそれは生じません。サービス継続中にも、ドコモ光への移行は速やかに行えます。
ただしプロバイダに関しては、二つの関係性の外に存在するものなので、解約金が求められる可能性もあります。プロバイダの方との契約も見直しつつの行動が、重要だと言えるでしょう。フレッツ光とドコモ光のプロバイダのほとんどは共通しているので、あえて同じプロバイダを選択するという手もあります。
契約中のサービスによっては、回線工事の必要がないこともあり、その場合さらに移行手続きは速やかに行えるものとなります。フレッツ光を使用中で、ドコモ光にも興味があるという場合には、切り替えについて真剣に考えてみるのもいいでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする